給与計算を簡略化する|より良い企業を目指すならワークフローの導入を検討しよう
男性

より良い企業を目指すならワークフローの導入を検討しよう

給与計算を簡略化する

婦人

経理部の工数を削減

社員総数が数百人を超える中堅以上の企業では、給与計算に大きな社内工数を要します。社員全体の勤怠管理を行い、残業、出張、役職手当、通勤費などの様々な情報を管理する必要が、そこにはあるのです。全部をマニュアルで行っていた時は、毎月のように経理部の残業が続いていました。しかし、最近では、社員の勤怠管理を含めた総合的な給与計算システムが導入されるようになり、社内の大幅な工数削減につながっています。給与計算システムでは、社員一人一人の情報を正確に入力するだけで、当月分の給与や賞与を即座に算出することができます。これまで人の目で何度も確認していた作業を、給与計算システムは、瞬く間に終了させることができるのです。

最初の入力が重要

大変便利な給与計算システムですが、時にトラブルが生じることもあります。それは、最初の入力段階でミスがあった場合です。最初に誤った情報を入力すると、以後の計算についても誤った情報で計算が行われることになります。最新の給与計算システムでは、社員情報との照合も自動的に行われるようになりましたが、それでも、情報が更新されていなかったりする場合が屡あります。給与計算システムにつながる社員情報データは常に最新の状態であることが肝心です。精度の高いシステムであっても、1から10まで任せきりにすることはできません。最初の段階では、複数の人の目を借りて、正確な作業を行うことが、間違いのないシステム作りの基本です。