企業の給与業務|より良い企業を目指すならワークフローの導入を検討しよう
男性

より良い企業を目指すならワークフローの導入を検討しよう

企業の給与業務

社内

自社で出来る範囲

会社において毎月一回必ずしなければならないのが給与の支払いです。給与の支払いにあたっては、給与計算を行い、各人の給与額を確定させたうえで銀行に振込を依頼します。給与計算は従業員が10人未満の零細企業であれば社長の妻やパートタイマーの事務員が他の仕事の片手間に行うことができますが、従業員規模が数百人、数千人となってくると、給与支払日に間に合わせるためには複数の人員を配置し、場合によっては残業させなければならない為、コスト面で非常に負担がかかります。最近では、従業員が数百人規模以上になった場合には自社で給与計算を行わず、給与計算アウトソーシング業者に委託することが多くなってきました。そのようなニーズを受け、今日、給与計算アウトソーシングを業とする企業が大変多くなってきました。

選定のポイント

企業が給与計算アウトソーシング業者に委託する際は、大抵は複数の業者から見積書を取り寄せ、自社に最適な業者を選定することになります。選定にあたっては費用面はもちろんのこと、給与計算業務についてどの程度までアウトソーシングができるかという所に注目しています。例えば給与計算の一工程である勤怠集計は、給与計算全工程の半分以上を占める非常に負担のかかる作業ですが、給与計算アウトソーシング業者の方で勤怠管理をやってもらえるかどうかは大変重要になってきます。給与計算アウトソーシング業者は自社でクラウド型の勤怠管理システムを保有していることが多く、クライアント企業の従業員からIDカードやスマートフォンから打刻を行ってもらい、クライアントの手をかけることなく勤怠集計が行える体制を取っていることが一般的です。