レディー

より良い企業を目指すならワークフローの導入を検討しよう

ネットでビジネス円滑化

オフィス

インターネットシステムの活用がビジネスの運営を円滑に行うには、必要不可欠となってきています。とくにビジネスには欠かせない、意思疎通や情報共有化には最適ですし、スマートフォンなどど組み合わせることで、さらなる活用範囲が広がることが期待できます。

もっと知ろう

企業の給与業務

社内

従業員が増えることは企業にとって良いことです。人材を様々な事業に動員することが可能になります。しかし、人が増えるにつれて個人個人の給料を管理するのが難しくなります。そんな時に活用するとお得なのが、給与計算アウトソーシングです。勤怠管理や給与額の確定作業を代行してくれるので、作業工数削減に繋がります。

もっと知ろう

社内全体の業務を最適化

女性

業務見直しで確実な効果

業務改善を実現する強力な支援システムとしてのワークフローシステム導入が、中小企業を中心として注目を集めています。勘違いされがちなことではあるのですが、ワークフローシステムを導入すれば、自然と業務改善が達成されるかと言えば決してそうではありません。システムはあくまで目的を達成するためのツールであり、目的そのものではないことを押さえておくことが大切です。なぜシステムを導入する前に、なぜ今自社においてワークフローの改善が必要となっているのか、システムを導入することでどのような結果を求めているのかをまず明確にしておくことが重要になってきます。大雑把に言えば、導入することによってペーパーレスが実現できることや、各種手続き等の申請から承認までのプロセスか迅速化できること、あるいは作業の自動化や最適化といったメリットが挙げられます。目的としてはメリットが生み出す結果としての、業務効率の向上や内部統制の強化と言ったことが挙げられるでしょう。これらをできるだけ具体的に落とし込んでいくことが重要です。

システム導入時の注意点

ワークフローシステムの導入によるメリットとその目的を具体的なレベルにまで落とし込むことが出来れば、いよいよそこから導入の検討に踏み切ることになります。ここで注意すべき点は、業務を見直す際には会社全体の部署で最適化を図ることです。各部署がそれぞれの内部だけに視点を置いて、業務の最適化を図ったとしても、それは結果として合成の誤謬を生み出すことになりかねません。個々の部署では最適化が行われても、社内全体から見た場合には無駄が行われているということが少なくないからです。もうひとつ注意すべき点は、優先順位を設けることです。社内のあらゆる業務を一度に最適化できれば理想的ではあるのですが、実際にはそうはいきません。導入時点において、ワークフローシステムの導入によって最大効果を生み出すことができるものに焦点をあて、優先順位を決めた上で取り組むことが大切です。

給与計算を簡略化する

婦人

総合的な給与計算システムを用いることで、給与計算に要していた社内工数を大幅に削減することができます。しかし、この便利なシステムも、最初の入力が間違うと、以後も間違いが続くことになります。社員情報の入力は複数の人の目で行うことが肝心です。

もっと知ろう